2018-12

未分類

二者択一話法

二者択一話法 とは 「AとB、どちらがよろしいですか?」と質問することで、決定権を相手に委ね、相手に選ばせる話法のこと。 アメリカの催眠療法者・心理学者のミルトン・H・エリクソンが提唱したため、エリクソニアン・ダブルバインドとも呼ば...
未分類

アンダードッグ効果 弱いアピールをするとファンが増える?

アンダードッグ効果 とは 不利な状況にある人や、困っている人、困窮している人に手を差し伸べたくなる現象のこと。 弱い人、頑張っている人を好きになってしまう現象のことをいいます。 アンダードッグ効果の由来 直訳は「負け犬効...
未分類

ウィンザー効果 ほめるなら人づてにほめた方が効果的?

ウィンザー効果 とは 直接本人から伝わるよりも、第三者を介して伝えたほうがより影響が大きくなる、信憑性が増す効果。 ウィンザー効果の由来 作家ロマノネスの代表的な小説『伯爵夫人はスパイ』の登場人物・ウィンザー公爵夫人のセリフにちなんで...
未分類

カリギュラ効果 「見ちゃダメ!」と言われると見たくなるあの心理

カリギュラ効果とは 制限されたり禁止されると、かえってその行為をやってみたくなる心理現象。 カリギュラ効果の由来 1980年に公開されたアメリカ・イギリス合作の映画「カリギュラ」。 表向きは、ローマ帝国皇帝カリギ...
未分類

バーナム効果 占いで「私のことだ!」と思わせる手法

バーナム効果 とは 誰にでもあてはまりそうな一般的で曖昧な言葉を、自分だけにあてはまる正確なものと思い込んでしまう現象です。 バーナム効果の由来 1956年、アメリカの興行師フィニアス・テイラー・バーナムの "We've got so...
未分類

類似性の法則 人見知りでもできる友達の作り方

類似性の法則 とは生活習慣や嗜好などが似ている者同士は友達になりやすいという心理法則です。  類似性の法則の由来アメリカの心理学者フェスティンガーが、大学の寮に入った学生を対象にした実験からこの法則が証明されました。   実験の結果、最初は...
未分類

初頭効果

初頭効果とは 最初に見た時の印象が強く頭に残り、再生されやすいという心理効果です。 最初に与えられた情報が、後に与えられる情報にも影響を与えます。 初頭効果の由来 アメリカの心理学者アッシュは、実験で初頭効果を証明してい...
未分類

ピグマリオン効果

 ピグマリオン効果 とは ピグマリオン効果(ローゼンタール効果、教師期待効果)は、周りの期待に応じて、その人の能力が向上するような効果。 ピグマリオン効果の由来 小学生のクラス全員に普通の知能テストを受けさせ、テストのあとに担...
未分類

セルフ・ハンディキャッピング

セルフ・ハンディキャッピングとは 自分にハンディキャップをつけること。失敗しても自尊心が保たれるように、前もって言い訳できる状況をみずから作り出すこと。 セルフ・ハンディキャッピングの由来 心理学者エドワード・E・ジョーンズによって提...
未分類

自己効力感

自己効力感 とは 自己効力感とは、「自分にもできそうだ」と確信する感覚のこと。自分に対する信頼感や有能感のことをいいます。 自己効力感 の由来 カナダの心理学者アルバート・バンデューラが中心となって研究した社会的認知理論の中核をなす概...
スポンサーリンク